ヤブログ本館

<   2006年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

大学時代の著述

人生は、不可逆なステージ進行の連続である。「あのステージに、もう一度戻りたい」と思っても、それはかなわぬ。もう一度再現しようとしても、自分が変質している以上、自分が感ずる世界もまた変質している。まあ、そんなわかり切ったことはどうでもいいのだ。つまり、今日もまた過去のことを書くということだ。

大学時代に入っていた合唱団は、80人からの団員がいた。組織は本格的で、広報誌も定期的に発行されていた。そこに僕は、毎回のように自伝的著述を投稿していた。
僕は、印象に残った夢をできるだけ克明に文章化していた。夢なので、起こる出来事はありえないことだが、それを体験する自分自身は、紛れもないふだんの僕であった。夢の中といえども、世界の法則性が変わるだけで自己はなんら変質しておらぬ。だから夢を書くことは、現実を書くことと同様に価値があると思っている。

だから、芥川龍之介がその著書で、「他人の夢ほど、読まされておもしろくないものはない」と言っているが、僕はそうは思わない。上っ面はありえない話にしても、そこで生じる心理的な動きは真実なのだ。そう、夢もまた、わが身に降りかかった真実なのだ。そこに人の機微を見つけることができない者は、たとえノンフィクションを読んでもむなしいと思う。


  「骨肉の愛」

 一日の業を終えて、A(女)と帰路に着いたのは夜の10時をすぎていた。
 僕は町の隅っこで、ダンボールの家に住んでいた。地面には木の板を敷き、部屋は一つで毛布だけがあった。家具はなかった。その家には、僕の恋人のBと、2人の幼いのがいた。幼いのは妹や弟か、自分の子か知れなかったが、4人はいつもくっついて眠った。そうやって、1つの毛布で寒さは十分しのげた。

 その日は帰りが遅くなったので、幼い2人が僕を探しにきていた。僕は向こうからその2人がやってくるのがわかった。2人は僕に気づいていなかった。僕はもう少しAといたかったので、幼い2人に見つからないよう角を曲がった。彼らは僕らに気づかず通り過ぎた。僕はAと2人でしばらく歩いた。僕はAに悩みを打ち明けた。
「僕はだめなやつだ。僕は無能でかつ怠惰だ。僕は自分の力で何も得られない。人から何かをもらう資格もない。」
僕はAと別れて、一人寒い道を、家に向かった。
 
ダンボールの中は、寝臭くあったかかった。Bが独りで寝ていた。僕は彼女にくっついて毛布をかぶった。幼い2人も、すぐに帰ってくるだろう。あったかい毛布の中で、「骨肉の愛」という言葉が思い浮かんだ。僕がどんなに無能でも、僕が何を失っても、僕が手を離さない限りそこにあるものであった。僕さえ手放さなければ、僕は永遠に幸せなのだ。

「Muse95号」より
[PR]
by takeyabubass | 2006-02-28 22:08 | 過去

善玉妥協

ここ一、二週間、なんだか無気力であった。自分がやりたいこと以外の、邪魔な仕事がどんどん入って、あれもせねば、これもせねばという状態だった。一つ一つのミッション自体はいたって簡単で、農家に紙を配布したり、こまごまとした物を買ったり、電話で交渉したり、簡単な資料を提出したりといったことどもである。

意地悪く何かが引っかかって片付かないものもあれば、「めんどくせえ」と先延ばしにしたものもある。それらの雑用がひしめき合って、「なんなんだ、僕の人生は」と投げ出したくなった。

おかげで自分本来の活動にも身が入らず、「これをしたいけど、今は忙しいから後回しだ」と思うことが多発した。そうなるとますます、一瞬一瞬が充実したものではなくなる。

だが本当にできないのかと言えば、そうではないのだ。
「うああ、めんどくせえ。」「ダリー」「ねむてえ」と、何もせず逡巡する間の、なんと多いことか。
社会と関わり、自分なりの責務を果たしていこうと思えば、これからさらに雑用は増える。それに押しつぶされて、自分のやりたいことができなくなる愚を避けねばならない。意を決して雑用に立ち向かい、その一つ一つをして迅速に、的確に壊滅せしめること能わざれば、僕の未来は永劫に、面倒にうずもれたものとなるだろう。

がんばって雑用をこなそう。
[PR]
by takeyabubass | 2006-02-24 01:28 | 仕事

ビバ逃避

家庭教師とは、僕にとって現実逃避である。遊びである。大学時代に深夜までのめりこんだ「三国志Ⅶ」の替わりをなすものである。

現実とは、農業である。あるいは、人生において避けて通れない儀式の数々である。現実は、時に僕を打ちひしぐ。四六時中、現実と向き合わされてはどうにもやりきれない。今のところ農業は、「やったぜ!!」と思うことよりも、「チクショウ、なぜなんだ??」と思うことのほうが多い。ただの農作業は好きだ。しかしそこから収入を得て、社会的責務を全うしていくことはしんどいことだ。

農業においては、何もかもが、初心者である。確信できることは、いまだ何一つない。それなのにCEOをやっている。もしかしたら、時期尚早かもしれないのだ。まだ体が固まりきらぬうちに脱皮を試みたニイニイゼミは、しわくちゃな羽で、空を飛ぶこともできず、哀れな末路をたどる。それと似通った状況が今の僕と言えぬこともない。

だが賽は投げられている。温かく安全なあの地中に、戻ることは許されないのだ。無理やりにでも羽を広げ、青空に飛び立つしか生きる道はない。
僕が偉人なら能くこの困難に立ち向かい、凡人以上の成果を勝ち取るのだろう。

だが僕は凡人である。僕は逃避する。

家庭教師はいい。お金をもらっている以上、農業と同じように責任はあるのに、なぜか不安や恐怖を全く感じない。ただやれるところまでやりきればいい。悔いの残らぬよう全力を尽くすだけ。そう割り切れる。やはり副業だからか。もしお客さんがいなくなっても、農業が本業だから大丈夫だ、そう思うからかも知れぬ。しかし農業は必ず成功させねばならぬ。そこにプレッシャーがあるようだ。一日の農作業を終え、「さあ、夜は家庭教師だ」と思うと、なんだかとても、ホッとするのだ。

もう一人の教え子が、推薦で志望校に受かった。
また、来年から始める生徒さんも、新たに一人追加されそうである。
[PR]
by takeyabubass | 2006-02-22 00:17 | 仕事

嗜好性

僕がめざす人間は、「究極の八方美人」である。

みんなに愛され、誰も傷つけない。
そんな神のような存在になれるわけはない。それは分かっている。理想とは、もとより限りないものだ。永遠の向こうにあるものである。だから達成して喜んだり、できなくて悲しんだりする性質のものではない。常に前を向いて、楽しく歩き続けるための方向性である。

道徳的な人にも、ゴロツキにも。
賢人にも、バカにも。
強者にも、弱者にも。
男にも、女にも、大人にも、子供にも。
政治家にも、芸術家にも、職人にも、ホステスにも、青年実業家にも、しがないサラリーマンにも愛される存在を目指す。

僕を好きにならない人がいるとしよう。僕の喜びは、その人をして僕を好きにさせることである。人を好きになることは、決して不快ではない。いや、一緒にいて快な人を、「好き」というのだろう。そして人から好かれることは、とても嬉しいことである。
人から愛されようと努力することはつまり、自分も含めた万人の幸福を目指すということなのである。

ああ、いいところだが公民館長に頼まれたゴミ袋を買うのを忘れていた。いつも買う100均はもうしまっている。70リットルのゴミ袋は、おいそれとは見つからない。しかしこういう経験は、以前にもある。コンビニを何軒も回って、ようやくおいてあるところを発見した。
少々割高になるが、忘れていたんだから仕方ない。ひとっ走り、買いに行ってくるか。
[PR]
by takeyabubass | 2006-02-21 00:26 | 思想

青年期の煩悶

前回の書き込みについて、熱い意見がかわされて嬉しい。そういうビジョンを描いたり、その正否を論理的に考察したりするのも、視野が広がるし頭の体操になる。

ああ、しかしこうも思う。僕の妄想は、単なる現実逃避に過ぎないのではないか。今やれることを真面目にやって、人と大差なくても、自分の足でしっかりと歩いていけるようになることが大事なんじゃないか。

最近、甘夏を収穫した。剪定をしすぎた畑があり、おそらくそれが原因で、雪焼けやかいよう病が多かった。こんな基礎的なこともできないで、大きな夢を描いたって机上の空論という気もする。周りには、しっかりと足場を固め、着実にいい物を作っている農家がたくさんいる。迷わずそれを目指している若者もいる。

そして、ある程度自分の経営が軌道に乗った農家たちが集まって、今の直売所を作ったり、地域活性化のために活動したりしてきた。結果この地域は、さびれることもなく、うまくいっている。それが王道、ではないか。

僕は振り子のように、あっちに行ってはこっちにき、一貫性がない。いろんな論を少しずつかじり、それらが脈絡なく僕の生産活動に影響を及ぼしている。

孔子が「不惑」と言ったのは、何十歳に対してだったか。
24才の僕は、日々惑々としてとどまらない。嗚呼。
[PR]
by takeyabubass | 2006-02-19 23:42 | 仕事

閉塞感

どんなにがんばったって、効率よく作業したって、一人でできることなど、たかが知れている。2年間農業をやってみて、つくづく思う。
少人数で結束して何か一人ではできないようなことをしたい。アカペラは、いろんなことを教えてくれた。ながはまーずのメンバーが、一人ずつ得意な曲を熱唱したとしても、5人でがっちりハモッた一曲にはかなわない。
また活動の過程においても、複数のメンバーがいたほうが、友情あり、競争ありで、何かと刺激的だ。一人ひとりが自立できてさえいれば、どんなメンバーでもうまく行く気がする。また仮に自立できていない人がいても、協力して一つのものを目指す中で自分のふがいなさに気づき、成長していくということもある。そういえば、かつての自分がそうだった。

経営統合してえ!!

現在のところ、農家は、一人ひとりが社長である。みんなが思い思いに、設備を整え、身近な人を雇い、少しずつ成長させていく。僕もその一員として、こつこつと成長していく気でいた。

しかし何か、先が見えてしまった。僕がいくらがんばっても、結局のところ周りの先輩農家のあとを追うだけである。独りの努力では、そんなに劇的なことはできない。周りを見渡せば、将来の僕がいる。そしてそれは決して、若い僕をときめかせ、奮い立たせるものではないのだ。

自分にできることの中で幸せを見つけていくのは大事なことである。しかし未知に対するあくなき憧れをなくせば、人生はつまらぬものになるだろう。

わが子に農業を継がせる義務はない。僕は、自発的に農業をやりたいと思った人がやるのが一番だと思っている。そういう人がいないのなら、わが農地は山野に帰るべきである。先祖代々の農地を子、孫の代まで守り続けねばならぬとは思わぬ。僕の後を誰かがやってくれるのなら、それは誰でもかまわない。自分の農地が法人名義になってもかまわないと思っている。

さる直売所が、近々法人化するかもしれない。単なる販売施設ではなく、生産・加工・農業観光・教育など幅広い活動を視野に入れた法人となる予定だ。首脳の間からは、「法人自体が農場を持ってはどうか」とか、「業務の一つとして、作業受託をしてはどうか」などの案も出ている。

非現実的かもしれないが、複数の農家が自分の土地を出し合って法人名義とし、一つの大きな農場を作り、管理を合理化できないものか。また法人格ともなれば、人を雇うことも今までより容易になる。そんなふうに捻出した労働力でもって、耕作放棄地で作業受託したり、鳥獣害対策チームを作ったりできないものか。その社員の一員として働きたい気持ちはある。

僕は、自分を「農家」という枠に押し込めたくない。一つの仕事を、一生続けることはすばらしいことだが、そればかりが道ではない。その時点、その時点で社会の要求に応えること、それが仕事である。仕事が社会から認められれば、お金は入ってくる。
自分の土地を後生大事に守り続けることは、安全で、賢明な選択である。だが何となく、パーッと広がる夢がない。もっと自分を信じ、人を信じたなら、苦しくても生きがいのある道が開けるのではないか。なんだか最近、そんなことを考えている。
[PR]
by takeyabubass | 2006-02-17 00:28 | 仕事

奪う力、与える愛

考察がまとまっていないのに書く欲求が先走るとき、「詩」というごまかしが便利である。

僕はこれまで、できるだけ整理のついた考察を論理的に叙述してきた。詩とは縁遠かった。詩とは、ごまかしに過ぎないと思っていた。人間は、突き詰めるほどみな違う。だから、ある事柄を人に伝えたければ、できるだけ平易な文章で、誰にでも分かる論理的つながりで、明晰に述せねばならない。そう思っていた。

しかし、「人とは突き詰めるほどに、みな同じである」とも思う今日この頃である。そう考えるなら、何も事細かに述べ立てる必要はない。必要最小限のキーワードで、「こんなかんじなのよ」と相手に起想させることもできる。

「奪う力、与える愛」というタイトルで、まとまりきっていない考えを詩的に述べようと思ったが、詩と論説文の対比に興味が移ってしまった。

よって今回のタイトルは「詩と論説文」が正しい。
[PR]
by takeyabubass | 2006-02-16 17:32 | 思想

いじわる保護者

今日、例の、小学生の農業体験学習に参加した。農業をやっている若者が一班に一人、講師として配置された。今日の課題は、梅の着花調査である。自分の枝を決めて、そこについている梅のつぼみを数えるのだ。みんな、一生懸命数えた。おおむね100から400個であった。

問題は、そこからである。「百分率を使って、梅の着果数を出せ」という指示が回ってきた。僕は意味が分からなかった。着果数と言うのは、実際に果実として収穫できる数量である。現時点では分からない。それを予想せよと言うことだろうか。
「百分率を使って」というのは、「花の数のうち、実となって収穫できる数のパーセンテージを予想し、それを花の数に掛け合わせて自分の枝の予想着果数を導きだせ」ということだろうか。

指示の意味があいまいだったので、僕は3人いたうちの教師の一人に「今の指示は、つまりこういうことですか(上記)?」とたずねた。彼女もよく分かっていないようだった。逆に彼女のほうから質問してきた。「梅の着果率って、だいたいどのくらいなんですか?」
僕は「10~15%といわれています」と、どこかで聞いた数字を答えた。

竹やぶ「しかし、それを子供たちに教えてはだめなんでしょう?まず自分たちで予想させて、それから実がなったときにまた同じ枝を数えて、そこで初めて実際のパーセンテージがわかるほうがいいんじゃないですか?」と言った。僕は当然そういう方針なのだと思った。この学年は、今後収穫にいたるまでこの梅の研究を「総合的な学習の時間」でやるのだから。

しかし引率の先生からは、
「さあ、どうなんでしょう?でもそのほうがいいですね、そうしましょうか。」
という返事が返ってきた。あれ、と思った。意思疎通ができてないのだろうか。だとすれば職務怠慢である。それとも聞く相手を間違えたのだろうか。もしかしたらこの先生は、授業には全く関係のない、純然たる引率員であったのかも知れぬ。

なんだかんだで学習は無事終了し、子供たちは元気に帰っていった。
いつもながら、この体験学習はおもしろい。何がかって、教育界の現場を垣間見られること、それにつきる。「こいつらはプロとして、公務員として職務を全うしているか。」そういう視点で学習の進め方や教師の態度をじっくりと観察し、考察するのはとても楽しいことである。
[PR]
by takeyabubass | 2006-02-15 00:06 | 仕事

雑記

よっしゃああぁぁ!!!
合格した。受験4ヶ月前に、何とかしてくれと急遽頼まれたほうの生徒である。英数国の学科試験を突破した。彼も、僕も、よくがんばった。

決して物分りがいいほうではない。受験直前までに、英数理社の全範囲を総ざらいするだけがやっとであった。一度教えたことも、しばらくたつときれいに忘れていた。正直「もうあかんかも」と思った。浪人をした暁には、うちの畑で働いてもらおうかなどと考えていた。
でも、たとえだめでも、やれるだけやらねばと思った。全力を尽くした後の敗北は、有意義である。次につながる。
はじめは、三時間×週二日だった。7時からはじめて、10時過ぎに終わっていた。だがやろうと思えば、週3回でもできた。また11時過ぎまでできた。だから年明け以降は、4時間×週3回でがんばった。宿題も、尋常でない量を課した。彼はよくこなした。4時間の授業も、集中力を保ち続けた。12時まで授業をした日も、何日かあった。

僕が中学生のとき、ここまでの試練に耐えられたろうか。無理だっただろう。僕は運よく、中学レベルの問題なら、そんなに努力しなくてもある程度の点を取れる頭脳を持って生まれた。高校は、推薦で受かった。よし受験を受けたとしても、彼ほどの努力は要しなかったであろう。
彼に対する、尊敬の念がこみ上げた。本当に、よく受かった。夢じゃないかしら。ご両親も、大喜びである。

実は彼は、もう一つ受験を控えている。今回受かったのは、彼自身にとっては、第2志望だ。しかし親にとっては、第1志望である。僕への依頼人は親である。つまり僕は、親の要求にはしっかりと応えたことになる。親は、「たとえ彼が次の試験で受かったとしても、私たちは今回受かったほうに入学するよう説得するつもりです。」と言っていた。

親の要求にみごと応えたことで、僕の肩にのしかかっていた漬物石が一つおりた。後は、本人の第一志望を目標に、最後まで走りぬくだけである。全力で走りぬきさえすれば、落ちてもいいと僕は思っている。


もう一人の生徒は、超安全校を受ける予定である。難なく受かるだろうと思っている。僕からしたら、「もう1ランク上でも大丈夫だろうが・・・」と思わぬでもないが、それが彼の性分なのだろう。慎重なことは、悪いことではない。彼は明後日、推薦入試を受けにいく。それで受かれば決定、だめなら本試験である。よほどのことがない限り、どっちかで受かるだろう。

昨日、来年から引き受ける生徒と面接してきた。成績は中庸である。今年、中学校に入学する。一から生徒を手がけるのは初めてだ。彼には日々の積み重ねに基づく、しっかりとした学力を身につけさせたい。これまた楽しみである。
[PR]
by takeyabubass | 2006-02-14 00:18 | 仕事

なかなかかけん

僕は人を評価するとき、諦観と、向上心のバランスを重視する。

少し前、ブッシュ大統領の演説を見た。「我々が今の地位を守るためには、成長し続けるしかない」「衰退は安易だが、そこに陥ってはいけない。」そういったことが書かれてあった。

なんて動物的な、幼稚な思想であろう。諦観が足りない。彼が日本人なら、僕はそう思ったに違いない。だが国柄の違いを否定するわけにはいかないので、「こういう国もあるのか」と改めて嘆息するにとどまった。

衰退、敗北、死を、断固として受け入れない思想である。度をこすと、狭量でうざったい考え方だ。衰退、敗北にも趣がある。入り浸って味わえる甘さがある。ときには死んでみるのも、いいかもしれない。この世の誰もが知りえない未知の体験を、ほしいままにできるのだ。それらの魅力を頭から認めていない時点で、彼の視野は狭い。そして成長・向上のみを善とする価値観は、我々日本の社会をも包もうとしている。

生と死のバランスが絶妙な人は、一緒にいて心地よいものだ。
[PR]
by takeyabubass | 2006-02-13 00:15 | 思想



架空の人物「竹やぶ」のブログです。書いてある出来事はフィクションです。論や思想も、架空の前提をもとに展開されているため「筆者の意見」という訳ではありません。
リンク

LetMeBeThe犬!(レット・ミー・ビー・ジ・ワン!)
松本リューのブログです。6年来の友人です。繊細な感覚と親しみやすい文体で、音楽評論や黄昏流星群をつづっています。

私たちの地域研究所
んまさんのブログです。農機具の部品を作っておられます。冷徹な考察と、実地でのたゆまぬ努力に基づく地域政策は、まさに圧巻です。

喫茶ゴリラ
幼なじみのご両親が営む、喫茶店のHPです。マスターと話していると、いい考えが浮かびます。近い将来、僕の音楽活動の拠点にできたらなあ。

晴漕雨読
友人、かまたにさんのブログです。仕事、読書、ネット、自転車と、非常にコントロールされた生活が伺えます。あくなきストイシズム。

ぷは  ジコチュ日記
後輩、ホトリさんのブログです。現役女子大生の苦悩と諦観がにじみ出ています。痛かわいい。

駄目ぱんだ日記
ペン裏ソフト、ドライブ攻撃型のmisutinさんが兄妹で管理するブログ。内容は、アニメやゲームの批評など。辛口です。

N-style
愛媛のアカペラバンド、 ながはまーずのHPです。今は活動していませんが、再結成の可能性は高いです。

ヤブログ別館
竹やぶの写真館です。

竹やぶの里
竹やぶのホームページです。ここから筆者にメールできます。リアルな筆者への問い合わせは、こちらからお願いします。
以前の記事
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
alberta weat..
from alberta weathe..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
ben harper l..
from ben harper lyr..
the war and ..
from the war and pe..
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧