ヤブログ本館

<   2005年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

凡人への第一歩

家庭教師をやってほしいという親は、近所にかなりいる。
僕は別に、「家庭教師やります」と宣伝しているわけではない。だけど知り合いなどから「うちの子見てやってくれんか」と言われる。来年の春から見てほしいというのが3件あり、1つは引き受け、1つは断った。もう1つが考え中である。

週に2回やるとしたら、2人で4回である。他の用事もあるので、おそらく毎晩完全に詰まるだろう。だが家庭教師は好きだから、やれるかも知れぬ。
1回2時間×月8回で、25000円(テキスト代込みで26500円)いただくとすると、2人で月5万円である。今の僕にしたら、月収5万のプラスアルファはでかい。堂々たる副業である。

農家の中でも特別な存在になろうと思ったら、そういうことをしてはおれない。兼好法師の言うように、一道に絞ってそれ以外は切り捨てるのがよいだろう。しかし僕は何も、人の羨む生活をしたいわけではなく、尊敬されたいわけでもない。何かを極めねば納得できないということもない。自然な日々の中で自分なりに楽しみを見つけていこうというだけである。だから、お金を払ってまで僕に家庭教師をしてほしいという人がいるなら、するのが自然である。

今決めた。
家庭教師を2人、引き受けようと思っている。
同時に、農業でもある程度の収入を得るべくがんばる所存である。
欲張りではない。二股をかけたらエネルギーが分散されることを知った上で、あえてやるのである。「篤農家」となる可能性を犠牲にして、家庭教師をやるのである。
[PR]
by takeyabubass | 2005-09-29 18:25 | 仕事

漏尽

僕はどちらかというと、無為である。基本的には、富も家族も地域も国も、どうでもいいと思っている。他人の目も、どうでもいいと思っている。
だからちょっと前までは、誰にも迷惑をかけずひっそりと、自給自足をするような生活に憧れた。

「浮世から離れて、山奥でひっそりと暮らす」というのは、いかにも無為自然で、全ての欲望から解き放たれたようなイメージがあるが、実はそうではない。そこには、「わが身だけは世間に呑み込まれず、自由でいたい」というあくなき欲望があり、それを貫くためにはなみなみならぬ努力を要する。無為自然とは全く逆の方向である。

社会は有為を是とする。
富を得るため、家族のため、地域のため、国のために、あるいは危険を顧みず、あるいは苦痛に耐えてがんばる者が、世間では是とされる。
だから社会にでる前の僕は、「嫌だなあ、めんどくさそうだなあ」と想像し、その対極にあるらしき自給自足を夢見た。

しかし大学をでて農業を始め、地域のいろんな役を頼まれるがままに引き受け、そこそこにこなしているうちに、最近思い始めたことがある。それは、体こそ地域や周囲の人間に縛られてはいるが、別にそれは嫌ではなく、かといって楽しい!!というわけでもないが、まあ淡々と日々がすぎてゆくのである。それでいて社会の大筋にそむいていないから、要らざる争いをせずともよく、特に我慢をすることも無い。

あえて自給自足などというとっぴなことをしなくてもよい。どんなに面倒に見える世界でも、入ってみれば、慣れてみれば様式・外観が違うだけで本質は同じである。
だからこれまで乗り気でなかった結婚や子を持つことも、何てことはないんだろうと思うようになった。むしろ「いつまでも独り身で・・・」とさしでがましく口出ししてくる隣人を、そのつど退けながら独り身を保つことこそ不自然で、面倒である。

世は、無常である。「こうしておけば安泰」という身のおき方など、どこにも無い。であるなら、無常なる世の中を受け入れるまでである。この世は変化する。大きな変化もあれば、小さな変化もある。しかしどんな変化も、時がたてば必ず慣れる。慣れる間もなく変化が続くようでも、「変化の連続」になれることができる。

本当に楽な道は、無理して世の中と自分を切り離すことではなく、とめどなく変わりゆく世の中を、こういうものだと受け入れることだと思う。

行き着く先は、「凡人」である。
[PR]
by takeyabubass | 2005-09-28 18:53 | 思想

出来事いろいろ

明日でいちおう、消防団の毎日訓練が終わる。よくがんばったよ。これでまた、趣味と休養の時間がもどってくる。家庭教師も再開できる。

CEOが、「これからはお前の甲斐性で、好きに投資するがよい」と言ってくれたので、「選果機」の導入を考えている。
今日、約束のあった農機具やさんが、おためし用の選果機を持ってきてくれた。それをしばらく使ってみて、もしよかったら買ってくれということである。
さっそく倉庫に設置した。倉庫は、祖父の代に積もり積もった古い道具類で満ちている。もうすこし整理しないと満足に使えないので、これを機会に大規模な掃討作戦を行おうかと思っている。

周囲でも本腰を入れて農業に取り組んでいる人の多くは、すでに導入している。みかんにも梅にも使える。収穫期には畑での収穫もさることながら、倉庫での選別作業にも膨大な手間ひまがかかる。
うちにはこれまで選果機はなく、木でできた入れ物にとってきた果実を入れ、そこから実を手で取っては傷の程度とサイズで分け、コンテナに入れるという昔ながらのやり方であった。大量のみかんを採りためておき、3日ほど選果ばかりしたときもあった。
選果機を使えば、同じ人数で5~6倍のスピードでできるという。最低2人、最高5人が同時に参加でき、もちろん人数が増えればスピードは上がる。

僕は、梅と多品目の柑橘を作っている。そしてほぼ一年中何かしらの果実を収穫することで、収入を分散している。これはわが地域の特色でもある。結果、労働時間の多くは収穫に費やされる。だから選果機導入の効果は大きいんじゃないかと思う。
あまり他人の話を鵜呑みにしないほうがいいかもしれないが、導入した農家は、口をそろえて「してよかった」という。だから少々大きな投資ではあるが、やる価値はあると思っている。もし失敗だとしてもやってみなければ何も分からないままだ。

費用のことは、CEOとはまだ相談していない。もし援助してくれるというなら、ありがたく受けようと思っている。援助がなくてもまあ、何とかなる範囲である。
[PR]
by takeyabubass | 2005-09-25 21:45 | 仕事

題名に無頓着

趣味は、自分のためにするものである。
仕事は、人の役に立って、人からお金をもらうためにやる。

やりたいことをやってそれが人の役にも立ち、自然と生活も成り立つというのは、理想的だが非常に困難である。だが求めるべき生活のレベルをどんどん下げていけば、やってやれぬこともないと思う。

しかし生活水準を下げるというのも、なかなか困難である。世間では、「社会人としては、これくらいの収入がなくてはならない」というジョーシキなるものが幅を利かしている。都会ではそうでないかもしれない。隣人がどんな生活をしていようが、無関心でいられる人たちがほとんどだろう。しかし田舎は違う。破れた服を着ていたら、さも自分の恥でもあるかのように隣人がそれを指摘する。子供に義務教育しか受けさせないなど、もってのほかだと言われる。

みんな、他力本願である。他人に求めるものが多すぎる。他人を自分の意に沿わせようと躍起である。それがかなわぬ相手を非常識と罵る。口では言わずとも、そう思っている。
無視してできぬことはないが、そうすると必要以上に迫害を受けそうな気もする。もしかしたら僕の被害妄想かもしれない。勇気を出して突っぱねてみたら、案外それでもうまくいくかも知れぬ。

ふと、都会のほうが気楽なのではと思うときもある。
都会でホームレスをやっていても、「ああいう人もいるよね」とたいてい、ちらと見て終わりである。田舎でホームレスをやったら、それこそ衆人の格好の話題となり、学校では「通学路に変人がいて問題である」などと職員会議で取り上げられ、近隣のものはわが恥のように心を痛めるだろう。

田舎は人が少ない上、隣人の顔ぶれは生涯変わることがないので、みなやたらとコミュニケーションを重視する。4年間大学に行って、孤独な1人暮らしに慣れたる身には少々なじみがたいが、郷に入れば郷に従わねば、自分がだんだんと不幸になって行くのは経験上明らかなので、不本意ではあるが、また少し自分を変えねばなるまい。
[PR]
by takeyabubass | 2005-09-24 08:28 | 思想

決意を新たに!

個性は、自分をとりまく社会からの最低限の要求にこたえた上で、発揮していくものである。「それが普遍的だ」と言っているのではない。そうしないと、僕自身が幸せでいられないというだけである。だが、「社会に対して、最低限これだけやっておかねば負い目を感じる」という気持ちは、程度こそ違えど誰しも持っているように思う。そして、今の自分がそのラインに到達していないと思い知らされたとき、初めて「ああこれじゃいけない」と思う。社会に対して負うべき責務を負わねば、どう自分に言い訳しても、泰然としていられないのである。

僕はともすれば、自己満足の殻に閉じこもり、社会のありようを無視してつっぱる癖がある。まあ個性はその中で磨かれていくようなので、あながち悪いばかりではない。しかしそこで、ふと重大なミスをしたとき、社会的な最低限なことができていなかったことに気づかされる。「これじゃいけない」と激しく苦悩させられる。そうなったら個性を磨くことをしばらく中断し、社会性を磨く努力をせねば事態は好転しない。


仕事で大きなミスをした。農薬のやり方を間違え、薬害が生じ、木が枯れそうである。それも仕方ないミスではなくて、ほんの初歩的なものである。不注意である。
その前までは、「自分のやり方で行けばいい」「生産も販売も、自分のペースでやっていけばいいや」とのんきに構えて、毎日夜更かししてパソコンに向かっていた。1時2時に寝て6時におきる毎日が続いた。夜は消防の訓練が毎日あった。ヨーロッパ旅行以来、一日の休みも無い。どこかにひずみが生じないはずは無かった。このミスは、起こるべくして起こった。
そしてこのミスは、自分の中で完結するものではない。少なくともCEOには迷惑をかけたことになる。

ああ、これじゃだめだと思った。まず、寝なければだめだ。そして気を充溢させて、仕事に取り組まないといけない。最近は時間だけこなして、仕事の質が明らかに低下していた。十分真面目に働いていると思っていた。だが違った。だって、他の農家はこんなミスをしていないのだから。

この経験を、生かしたい。
早く寝よう。疲れていてもさっさと洗い物をして、風呂に入ろう。
書き込みは、短い時間でさっと書こう。文章を書き続ける上では、そういう能力も大事である。大作は、時間のあるとき書けばよい。

それではこれにて。おやすみなさい。
[PR]
by takeyabubass | 2005-09-23 21:50 | 思想

経過報告

今年のみかんは、おいしくなりそうである。
実はもう、収穫が始まっている。「ごくわせみかん」といって、収穫期が早くなるように品種改良されたみかんがあるのだ。今スーパーに出回っている青いみかんがそれである。

僕もそれを作っている。しかし、あまり力を入れていない。ほんの付き合い程度だ。本物のみかんは、やはり12月に入ってからの、やわらかく真っ赤に熟れた完熟みかんである。ごくわせみかんもそこそこおいしいが、僕の中では「みかんが大好きで12月まで待ちきれない人が仕方なく食べるみかん」くらいな認識である。極早生の中には「みやもと」「にちなん」「うえの」などがある。

11・12月が旬のみかんを「わせみかん」という。それにもいろいろ種類があるが、うちで作っているのは「みやがわ」である。現在83才のCEOが20台のときに植えた木が、いまだに残っている。それくらい古い品種だが、県下でも、いまなお主流となっている。果樹の品種改良は、日進月歩ですすんでいる。その中で数十年にわたって栽培され、食されてきた超ロングセラー「みやがわ」。僕はこれからもこの「みやがわ」を軸に、みかん作りをしていきたいと思っている。

畑で毎日、味見をしている。今年のみやがわは、味がしっかりしている。糖度も、酸度も高い。酸度はこれから低くなっていく。今時分に酸度が低いようなみかんは、12月までおいたら水っぽい、味気ないみかんになってしまう。ほどよい酸味は、甘みも引き立てる。今年の完熟みかんは楽しみである。
[PR]
by takeyabubass | 2005-09-22 22:01 | 仕事

竹やぶ、取材を受ける

明日、地元農業月刊誌の取材が来る。
地元JAが月に1人ずつ若手農業者を取材し、写真とともに雑誌に載せるというものだ。毎月ひとりずつなので、管内の多くの人間が経験する。特に名誉というわけではない。

過去の、そのコーナーを見てみた。なんておもしろくないんだ。載っていることといえば、どのくらいの面積で何を作っているかと、農業に対するちょっとした意気込みと、趣味くらいだ。どれを見ても、作物が違うだけでほとんどかわりばえしない。まあそれが農業者として正しい姿勢なのかもしれんが・・・。いやしかし意気込みといっても、「安全でおいしいものを作りたい」とか、「がんばって仕事をおぼえたい」とか、ホントその程度で、そこからは彼らの価値観の片鱗も見えない。字数が少ないせいもあるし、取材者の質もあろうが。

とにかく、明日は僕が取材を受ける。何か少しおもしろいことを言いたい。いや、別に奇をてらうわけではなく、正直に自分の思うところを提出して、批判や共感を得たい。ひとりひとりの本心を手繰ってみれば、思いは千差万別のはずである。確かに農家としての共通点もあろうが、共通点をわざわざ取材して紙面に乗せる必要はない。千差万別な部分を取り上げて掲載してこそ、記事はおもしろくなるのだ。

取材を受ける側にも問題がある。「あなたを紹介します」と言ってくれているんだから、自分の中の人と違う部分を、スパッと取りだして見せてやらねばだめだ。無難に月並みなことを言っておこうなどと思う奴は、読者に対するサービス精神が足りん!向上心も足りん!!みておれ!!!
[PR]
by takeyabubass | 2005-09-19 20:12 | 仕事

こうこう

コオロギが鳴いている。すずむしも。
もう、夜とか寒くなるなあ。そしてじきに冬が来る。
季節の移ろいは、僕の心をいつも癒してくれる。

春の日差しの肌寒さ
かげろう立つ夏の山
寂しげな、秋の夕暮れ
しずんだみどりいろの畑に、いちめんにまう雪。

兼好法師が言っていた。季節というのは、予兆からおぼろげに思い浮かべるのが最もよい。つまり、ある季節の到来は、すでに次の季節の兆しを含んでおり、そこから先の季節を思い浮かべるのが、非常に趣がある。

稲穂は金色になりそろって頭をたれ、少し疲れた夏草の中に点々と真紅の彼岸花が見える。朝夕は涼しく、夜は虫の音でにぎやかである。今はすっかり秋である。僕は、冬を思い浮かべる。冬といえば、雪である。この辺は、雪が少ない。だから雪が降ると、全く違う世界に感じられる。

山の畑で三宝を取りながら、雪に曇った灰色の町を眺める。表面こそ硬く冷えているが、体のシンは熱い。雪はあの入り江にも、家々の屋根にも、道にも、竹薮にも、畑にも降り、降っては消えていく。大地を冷やしながら消えていく。冷え切った大地では、確実に何かが充填されているのだ。木が水を吸い上げるような速さで大地は、ゆっくり、じわじわ、エネルギー値を高めていく。

僕は冬が好きである。寒いほうが、感情がくっきりときわだつ。寂しさが鮮明になる。寂しさの持つ美しさが、最も引き立つ季節である。

そしてそんな冬の予兆を秘めた秋が、僕は大好きである。
[PR]
by takeyabubass | 2005-09-16 23:40 | 自然

バカ長い回想

秋風が吹くと、大学時代を思い出す。長い長い夏休みが終わって、久々に授業が始まる秋。半年間にわたる、卒論との戦いが始まった季節。今日の文章は明らかに長すぎ、文体も不親切で、読者の皆さんにとっては全て読むのは苦痛であろう。でも自分のために書いておきたい。大学時代の4年間のことを。



 竹やぶの大学時代

農学部に入った。農業に関して、バリバリ勉強しようと思っていた。1年の頃は、卓球部と合唱団をかけもちし、車の免許も取り、農作業のバイトもし、教職免許を取るための講義も受け、講義の成績はオールAだった。

2年生になり、楽なコースに所属した。無理をすることはないと、卓球部をやめた。授業は週休2日に加え、5日のうち2日が半日休みだった。空いた時間で、前期はバイトと合唱に精を出した。後期はバイトもあまりせず、合唱団の人々と毎日不毛な会議を繰り返した。当時は一生懸命やっていた。しかし、学生の本分である学問から、だんだん自分が離れていくことに対して後ろめたい気持ちがあった。アパートの窓から、川を挟んで大学が見えた。深夜まで明かりがついている。みんな勉強しているのに、僕はこれでいいんだろうか。

3年生になった。無理をすることはないと、教職免許をあきらめた。中心になって合唱団を運営した。合唱のでき自体は例年に比べていいほうではなかったが、個人的にはアカペラバンド(ながはまーず)、ミュージカル、社会人の合唱団などにも参加し、大忙しであった。学問をせねばならないとか、後年大成するために人間を磨かねばならないとか、そういうことはあまり考えなくなった。目先の物事に一生懸命になっていたら、そんな考えは頭をよぎらない。あらゆる義務感や罪悪感が、だんだんと麻痺し、消失していった時期でもある。

4年生になった。役を降り、合唱団にはあまり行かなくなった。卒論をしなければなあと思いつつ、前期は手付かずだった。講義も少なかった。バイトもしなかった。ながはまーずの練習と、パソコンのゲームと、気の会う友人との語り合いと、漫画喫茶と、夏目漱石と、アンドレアボチェッリと、道後温泉と、恋人との甘い時間で毎日が埋まった。ときどき研究室に行って周りの状況を確かめたけど、みんな同じようだった。

夏休みになった。そろそろ卒論をやらないとやばくなった。テーマは決まった。しかし何をやっていいのかわからない。教授からは、「何をやってもいい、しかし前代未聞の論文であること」という条件が課せられた。僕は大学の書庫の前に立ちすくみ、「これだけの人があらゆることについて調べつくしているというのに、いまさら僕に何を言えというのだ」と途方にくれた。不器用な僕には、既存の研究から適当に引用して論文っぽく纏め上げるようなこともできなかった。

後期が始まった。大学の二学期は10月から始まる。黄色く暖かい日差しの下では、もう秋風が吹いている。空は高く青く、構内ではプラタナスの黄色い葉がじきに落ち始める。授業はほとんどない。卒論と、ながはまーずと、ミュージカルと、合唱団と、友達と恋人で日は埋まった。秋が深まるにつれて全ての活動が忙しくなっていった。僕はフル稼働していた。

それまでの半年間、専門書や過去の研究などをはぐっては悩むことをくりかえしていたが埒が明かなかった。だからとりあえず、外にでてみる決心をした。教授の知り合いのつてで農協にいき、そこで人伝いに自分の研究対象の現場の人を紹介してもらった。いろんな施設を、手当たり次第に訪れた。片道で電車なら2・3時間、レンタカーなら2時間かかるところまで、アポを取っては何度も往復した。今思えば、かなりのお金をつぎ込んでいた。最終的に13箇所の施設に絞り込み、調査することにした。さすがに現場だけあって、「これは使える」という小ネタは少しずつ落ちていた。しかし決定的なものが足りなかった。

調査をしているうちに、中間管理職からの聞き取りからでは限界があることに気づいた。分析すべきデータもなかった。月並みだがアンケートをして独自のデータを得ないと、独自の論は展開できないと思った。そこで年内に、渾身の力をこめてアンケートを作り、配布し、返事を待った。年末は合唱団、ながはまーず、ミュージカルが同時に佳境にさしかかる時期でもあった。

数々の音楽ステージをこなし、わずかに実家で正月を過ごし、松山にもどった。アンケートの返事が来た。が、180部配ったうち40部弱しかこなかった。データとしては明らかに少ない。またしても途方にくれた。ちょうどその頃、ひろも苦戦していて、お互いに不安をかこちあった。ひろの論文にも少し協力した。

もう一度、アンケートをやることにした。今度はこたえやすいよう、ごく簡単な質問をA4一枚の裏表にまとめた。農協の人に協力してもらって、効率的に配布した。枚数も450部に増やした。卒論の提出期限は一ヶ月後に迫っていた。2週間で返事が集まり、1週間で集計・分析し、ラスト1週間で論文を書き上げるという怒涛の計画を立てた。アンケートが帰ってくるまでの間、それまでに調べていたことを論文にし始めた。1章から3章まで完成した。後はアンケート結果から、4章とまとめを書けばよい。

アンケートが返ってきた。384部、返ってきた。データ数としては十分である。まずは喜んだ。しかし勝負はそれからである。その結果から、なにか前代未聞の答えを見出さねばならない。僕は夜を徹して、たどたどしいエクセル裁きで、数百通りのクロス集計を行った。3日に一度、3時間ほど眠った。

集計の中から、前代未聞の答えを見つけた!!言葉にしたら月並みだが、データを背景に述べたのは僕が初めてであろう答えを。次はそれを論文の4・5章にはめ込んで、文体や図表やレイアウトを整えれば完成である。肉体はかつてない不健康状態だったが、省みる暇はない。最後の1週間もそのままのペースで走りぬいて、提出時刻の1分前に、ついに、ついに提出した。

エピローグがある。結局その論文は、「いろいろ盛りだくさんでおもしろい出来じゃないか」と教授に認められ、大学の紀要論文として取り上げてもらえることとなった。学士論文としては名誉なことである。まあそれも一筋縄ではなく、それから1ヶ月間、再び研究室にこもって論文を1から組みなおしたのだが。

その後ながはまーずで多くのファンに惜しまれながら(?)解散ライブをやり、ミュージカルの最終公演をやり、合唱団を卒団し、大学を無事卒業して、山のように資料の積みあがった研究室と、4年間汚しつくしたアパートを掃除して、その後1週間は何もせず余韻に浸り、そして松山を立ち、実家に帰り、農業を継いだのである。

目先のことに懸命になっていられることが幸せであると気づいた。嫌なことを無理してやる必要もないと思った。この苦しく、美しく、幸せな大学時代を、いずれ書き記したいと思っていた。再び違った切り口で書くかもしれない。最後まで読んでくれた人がいたら、「非公開」でもいいので、コメントに「読んだ」とだけ書いてくれたらうれしい。誰もいないかもしれないね。それでもいいよ。
[PR]
by takeyabubass | 2005-09-15 01:29 | 過去

竹やぶ、蚊にたかられる

蚊は、夏の盛りよりも、秋口に多い。特に台風が大地をくまなくぬらし、蒸し暑さを残して去っていった後などは大発生だ。ヤツラは日陰を好む。昼間でも、日陰に入るとヤツラの羽音が聞こえる。日が沈んで、夕闇が辺りをつつむと、ヤツラは一斉に活発化し、人のいるところに集まってくる。

日が沈むのが、だいぶ早くなった。5時半にはもう、少し暗い。うすいオレンジのスクリーンをバックに、木の葉の先端がくっきりと尖る。八朔の実の、まっくろいシルエットだけが浮き上がっている。
そんな美しい夕暮れの風景だが、BGMは数え切れぬ蚊の羽音である。うんうんわんわん、うなっている。もう慣れてしまって、羽音のうっとおしさも、吸われたときの痒さも、どうでもよくなった。無数に吸われているに違いないのだ。

向かいの山を見上げる。セピア色の、みかん畑である。日本の、農村の風景である。ふと視線を自分の体にうつす。手首から先に、3匹のやぶ蚊がとまっている。耳元ではあいかわらず、わんわんなっている。

イタリアには少しいたけど、旅行先では蚊は少なかった。帰ってきた次の日に畑に行ったとき、「日本とは、なんて蚊が多いのだろう。嫌な国だ」と思った。うそかほんとか知らんが、元寇で日本を襲った大陸の人々は、日本の蚊の多さで戦略が破綻し撤退したとの説もある。

日本に住むわれわれは、こいつらと生きていくしかないのだ。
[PR]
by takeyabubass | 2005-09-13 20:53 | 自然



架空の人物「竹やぶ」のブログです。書いてある出来事はフィクションです。論や思想も、架空の前提をもとに展開されているため「筆者の意見」という訳ではありません。
リンク

LetMeBeThe犬!(レット・ミー・ビー・ジ・ワン!)
松本リューのブログです。6年来の友人です。繊細な感覚と親しみやすい文体で、音楽評論や黄昏流星群をつづっています。

私たちの地域研究所
んまさんのブログです。農機具の部品を作っておられます。冷徹な考察と、実地でのたゆまぬ努力に基づく地域政策は、まさに圧巻です。

喫茶ゴリラ
幼なじみのご両親が営む、喫茶店のHPです。マスターと話していると、いい考えが浮かびます。近い将来、僕の音楽活動の拠点にできたらなあ。

晴漕雨読
友人、かまたにさんのブログです。仕事、読書、ネット、自転車と、非常にコントロールされた生活が伺えます。あくなきストイシズム。

ぷは  ジコチュ日記
後輩、ホトリさんのブログです。現役女子大生の苦悩と諦観がにじみ出ています。痛かわいい。

駄目ぱんだ日記
ペン裏ソフト、ドライブ攻撃型のmisutinさんが兄妹で管理するブログ。内容は、アニメやゲームの批評など。辛口です。

N-style
愛媛のアカペラバンド、 ながはまーずのHPです。今は活動していませんが、再結成の可能性は高いです。

ヤブログ別館
竹やぶの写真館です。

竹やぶの里
竹やぶのホームページです。ここから筆者にメールできます。リアルな筆者への問い合わせは、こちらからお願いします。
以前の記事
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
alberta weat..
from alberta weathe..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
ben harper l..
from ben harper lyr..
the war and ..
from the war and pe..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧