ヤブログ本館

カテゴリ:思想( 39 )

単なる愚痴ではない

僕にだって嫌いな人はいる。その人の顔を見るだけで不愉快になる。だが、プラスにせよマイナスにせよ、自分の感情が動くということは思索の材料になる。

嫌なことや、嫌いな人を思い煩って気分を害すると損だ、とよく言われる。最近よんだ心理学の本にも、「物事のプラス面だけを見て明るく生きよ」と書いてあった。つまり嫌なやつのことなど考えるなということだ。

しかしそういうわけにもいくまい。関わらなくてもいいなら、そりゃ関わらないさ。でも関わらざるを得ないのが現実というものだ。考えなくたって、そいつはやってくる。この不快感をぬぐうには、むしろ考えに考えて、立ち向かわねばならぬ。

僕は、嫌なことがあると、そればかり考える。「なぜ自分は、それに対して不快なんだろう?」自分の努力でそれが解決できるなら、それが一番だ。なぜこの人といると、こんなに不快なんだろう?

数学的に言ってしまえば、僕とそいつの思想が背反しているからだ。それも程度問題である。背反部分がわずかなら、わずかな譲歩で解決する。しかしそれがはなはだしいと困る。僕が、「ここは譲歩したくない」というところで重なってくると、相手が譲歩するしかない。相手にその気がなければ、もうそいつとは一緒にいられない。

例えば、「お前は、オレの子分になるべきだ」という思想を持った人と僕とは相容れない。なぜなら僕は、だれの子分にもなりたくないからだ。僕は人格的に認めた人間か、僕に利益をもたらす人間にならときどき従うが、そうでない人間に無条件に媚びへつらうことなど不可能だ。飽くまでそれを強要してくるなら、僕は命を賭して戦う。

自分を、やたら高く評価する人がいる。それはいい。僕もそうだ。誰しも、自分は特別だ。単に自己評価が高いということは、今の自分に満足できているということであり、精神的に安定しているとも言え、付き合う上でも望ましい。

少し嫌なのが、「オレはお前より優れている」と誇示してくるやつである。だがまあそれも許せる。少々面倒だが、「はいはい、そうだね」と聞き流しておけばいいからだ。

「俺はお前より優れている、だからお前は俺に従え」となると、ついに背反する。「はいはいそうだね」と従うわけにはいかない。そこが僕のアイデンティティということだ。アイデンティティを犯す者とは、断固闘わねばならぬ。

のどかな農村では、多くの良民が、そこで闘うことを選ばぬ。下手に出て波風を立てず、耐え忍ぶ。だから一見、惑わされる。「田舎では、これが常識なのか。みんなあいつを、なんとも思っていないのか。」というふうに。僕も今まで、それに習ってきた。それを不快と感ずるのは僕だけであり、僕がここの風潮にあわせねばならないのだなと思っていた。しかし実態は違う。僕が嫌と思っているやつは、周りの人間もたいてい、嫌だと思っていることがわかった。

こっちが多数なのだ。何を恐れることがあろう。このままでは、わがまま者が増長するばかりだ。それではいけない。そんな人間が幅を利かす地域が、住みよい地域とは言えぬ。決めた。僕は毅然としていよう。不快ならば闘おう。


闘う決意というものは、嫌なことを考えに考えて、初めて明確になってくるのだ。「闘うしかない」と、はっきり認識することが大事だ。考えるだけで不愉快だ、といって逃避ばかりしていては、真の解決は望めない。
[PR]
by takeyabubass | 2006-01-25 23:59 | 思想

書きなぐり日記

いなかには職がないとよく言われる。僕はそうは思わない。「職業」を、難しく考えてはいけない。「他人が必要なものを作るかわりに、自分が必要なものをもらう」。仕事の根本は、物々交換である。貨幣はその仲立ちをしているに過ぎぬ。

都心から離れていようが、「この地で、生きてゆこう」という人がある程度いて、お互いが隣人の必要とするものを生み出していけば、大市場に直接リンクしていなくとも、そこに生活は成り立つのだ。極端な言い方をすれば「地域内自給」。農作物を作る人と、狩猟をする人と、衣類を作る人と、家を建てる人がいれば、生きてゆくことはできる。

グローバリゼーションとは、世界規模で分業が進むことだ。比較優位も、度をこすとモノカルチャー経済に陥って身動きが取れなくなる。不安定な社会になる。不安定な社会を望む輩は、うようよしている。なぜなら、そこでは一攫千金の可能性があるからだ。ハイリスク・ハイリターンをこのむ獰猛な、落ち着きのないやつらは安定したものをかき乱そう、かき乱そうと躍起である。グローバリゼーションを善と解く連中の正体は、実はそんな輩かも知れぬ。

好みは様々だが、僕はそんな社会はあまり好きではない。凡人がこつこつ働けばまずまず満足のいく暮らしのできる社会が理想だ。判でおしたような毎日を、泰然とおくっていられる社会が理想である。ちかごろは、あたかもそれが旧態依然とした悪習のように論じられ、ともすればギャンブラーのような経営者が礼賛されがちであるが、それが嫌な人間は、自分の心の中だけでも、ちゃんと反論しないとだめである。多くの日本人は、格差社会において下層に落ちるのは目に見えている。

普通の人は、変人・奇人のいうことを真に受けて流されてはいけない。大半の日本人は、織田信長や豊臣秀吉になれないのだということを肝に銘じるべきである。
[PR]
by takeyabubass | 2006-01-19 22:59 | 思想

啓蒙ギャグ

現代人は、必要以上に「成長」を強いられている。
巷にあふれる数々の啓蒙書、セミナー、果ては政治家までもが、「もっと上を目指せ、常に成長しろ」と我々をまくし立てる。そんな情報の中に生きていると、惰眠をむさぼることがまるで悪いことのように思われてくる。

そうではない。
そんな呪縛に、がんじがらめになってはいけない。

効率よくお金を稼ぐことに、縛られてはいけない。
所得という目に見える数値で自分と人とを比べ、「どうだ、すごいだろう」と自慢したいだけの、下賤の者達の誘いに乗ってはいけない。
こんな世にあって泰然と、眠りたいだけ眠り、遊びたいだけ遊び、働きたいだけ働くものこそ真の偉人である。本人にその気があれば、我々は一生、やりたいようにやれるのだ。

さあ、成長の呪縛からぬけだそう!!
安閑と、惰眠をむさぼろうではないか。
そうしたらまた、働きたくて仕方なくなってくるから。
働くのはそれからでいいんだ。

そう、そこの君。君に言ってるんだ。
止めたまえ。もう寝たまえ。僕も寝るから。
なに?まだやることがある?だめだだめだ、そんなんじゃいつまでたっても二流のままだぞ。
毎日8時間、ちゃんと寝るやつがいちばん偉いんだ!わかったか!!

じゃあ、おやすみ。
[PR]
by takeyabubass | 2006-01-15 22:46 | 思想

単なるギャグですよ・・・

キリスト教の詳しい内容や様々な宗派についてはよく知らないが、僕はその教義の根本を、こう解釈している。

「与えることを生きる目的とせよ」

ということである。これはもっともなことである。自分の人生について考えてみると、「絶対にせねばならん」とか、「絶対こうなりたい」などということはない。要するにどうでもいい。ただ何もしないのはつまらんというか、何かし続けていなければ苦悩するようにできているらしいので、とりあえず目標を決めて、それに向かって歩んでいくことは大事なことだと思う。

根本はどうでもいいので、その目標も実はどうでもいい。「いくら稼げるか」でも、「何人の女を虜にするか」でも、「42.195キロを何分で走るか」でもかまわない。ようは達成にいたるまで本人が充実しているかどうかが重要である。

ただこの境地に達するためには、ある程度の物質的・精神的豊かさが必要のようだ。マズローの言葉を借りれば、このような「自己実現欲求」に行き着くためには、「安全欲求」や「愛情欲求」などといった、より根源的な欲求が満たされることが必要らしい。
つまり世の中には、安全欲求や愛情欲求を満たせずに苦しんでいる人々が、大勢いるということだ。

そこで「自己実現欲求」に行き着いた人たちが、ちょっと配慮してやる。「生涯に何人殺せるか」といった明らかにはた迷惑な目標を掲げるのを止め、周囲に愛情や富を与えることを目標と設定したなら、それで本人も満足。与えられたほうも満足。ということで、世の中の幸せの合計値がより高くなるだろう。

もっと実用的にいうと、自分にとってどうでもいい選択肢が与えられたなら、将来の自分への影響などをあまり深読みせず、その時点で隣人にとって有益になるほうを選べばいいのだ。そこに自己犠牲などない。「どうでもいいパワー」を隣人の幸福のために使うのである。社会の円満度はかなり違ってくるだろう。

自己犠牲は無意味である。相手が幸せになる分、自分が不幸になるからだ。これでは幸せの総和は変わらない。隣人にパンを与えてしまったAさんは、自分が生き延びるために逆隣から七面鳥を盗むだろう。これでは無意味だ。むしろ「七面鳥を盗む」という行為が入る分、社会全体としてはエネルギーの無駄である。

自分で自分の欲求を満たしていればいいのだ。たまたま自分の要らないものを欲しいという人がいたら、気前よくあげたらいいのだ。それで社会は、より円満になるのだ。
欲求不満な奥様は、出会い系サイトを積極的に利用すればいいのだ。
自己犠牲なんてしなくても、それで社会のフラストレーションの幾分かは消滅するのだ。
[PR]
by takeyabubass | 2006-01-12 16:52 | 思想

本願寺二派

本当に思慮深い人は、他人の嫉妬も考慮に入れて行動するものである。よく物語の主人公などが、成長はするのに周りに嫉妬されてうまくいかない場面が描かれる。この場合、嫉妬するほうは必ず悪者扱いされ、カッコわるい代名詞にされる。主人公がいかにも不当な扱いを受けているように描かれる。

だが僕は、嫉妬により道を阻まれる人間は単に思慮が足りないのだと思う。嫉妬は人間の持つ自然な感情である。それを指差して、「嫉妬するほうが悪いんだ」と非難したところで事態は好転しない。問題の原因を相手のせいにして解決をあきらめる「他力本願時の徒」の所作である。本当に偉大な人物は妬みによって道を阻まれるような愚を侵さぬ。真の偉大さが相手に伝われば、先方は嫉妬の仕様がないからだ。お互いの長所・短所を認め合っていれば、あるいはあらゆる能力で先方を上回っていれば、彼も納得するであろう。嫉妬する輩は、主人公の振る舞いに納得がいかないから邪魔をするのである。そういう連中を納得させられないのは主人公の非力である。

日中問題がこじれている。多様な論が入り乱れていて、僕もその全貌はつかめていないが、中にこういう論もある。
「中国は、日本に嫉妬しているんだ」
その論者は、「嫉妬するほうが悪い」として相手を非難している。
つまり彼らは「他力本願時の徒」である。自分達が嫉妬されていると認めるなら、その嫉妬を真摯に受け止め、嫉妬されない算段をするのが「自力本願寺の徒」である。
[PR]
by takeyabubass | 2006-01-11 22:51 | 思想

私にとって幸せとは

みみっちい経済活動や、面倒な地域の人間関係に拘泥して、我を忘れていることが時々ある。しかめっ面をして、「くそっ」と舌打ちしながら、僕は体にすっかり入り込んでいる。これもある意味、忘我の境地である。

ときどきハッと、我に返る。我に返った僕は、僕をとりまくスクリーンを無心に眺める。
雪にけぶる街。
そのむこうで、寒そうに波だつ入り江。
寒空に枝分かれを繰り返す、木々の造形。
冷たくなった頬。

どれもこれも、ただ無心に眺めたなら、ぴかぴか光って、ただ美しい。

安いみかんをせっせとつくってわずかな金を稼ぎ、豆腐の味噌汁をうまそうにすすり、縁側で冬の弱い日差しを浴びてウトウトし、今日もよくはたらいたなあとあかねさす畑を見回す。
そんなつつましいというか、虚しい毎日も、ただ美しいのだ。

それを忘れて現実に拘泥されることが不幸なのではない。せまっくるしい毎日の中でハッと我に返る、そのギャップもまたよいのだ。

もう1つ、何物にも替えがたい幸せがある。
それは「就寝」である。一日の業を終えて、あったかい布団にくるまって眠る。
そこで僕は、生きる喜びをかみしめるのだ。

これからまさにその幸せを、じっくり、うっとり、味わわんとするところである。
[PR]
by takeyabubass | 2006-01-08 00:49 | 思想

喧伝の類

言葉をなおざりにする人は、不親切である。
つまり主語、述語、目的語をちゃんと言わない人である。ひどい人は単語だけ言って意図が通じるつもりでいる。

そいつの中では、全てが明確なのかもしれない。だがこちらは全く違う意識の中で生きている。特に仲の良くない他人の意思をようやくつなぎとめているのは唯一言葉だけであるのに、それをなおざりにするなんて、ハナからコミュニケーションを放棄しているとしか思えない。

「箱!!」と怒鳴られたとする。こちらはあらゆる可能性を考える。箱をとってほしいのか?組み立ててほしいのか?それとも頭にかぶせてほしいのだろうか。あるいは「箱に気をつけろ!」と注意を促しているのか。はたまた「箱根駅伝!」と言おうとして感激のあまり胸がつまったのだろうか。状況から見て明らかに違うものを消去しても、まだ2,3の選択肢は残る。仕方がないので聞き返す。
「箱が何ですか?」
「箱を取れ。」
「この箱を、そっちに渡すのですか。」
「そうだ。」

これでようやく思いが通じる。
しかし彼らからしたら、僕は不必要に長くしゃべる人間かもしれない。
[PR]
by takeyabubass | 2005-12-20 01:41 | 思想

ルサンチマン再び

僕はたいていの価値観は許容できるつもりでいるが、「自分の価値観以外は認めない人」とは相容れない。そういう人の会話を聞いていると、正直、不快になる。普段はできるだけ遠ざかっているが、どうしてもいっしょに何かせねばならないこともある。

彼らにとっては、自分に迎合するものだけが友人である。彼らと仲良しになりたければ、こちらもその価値観を共有し、さらには他の価値観を排斥せねばならない。
つまり彼らと友達になるために、その他の多くの友達を失うことになる。不快な上、不合理である。そういう人と接するときは、相手を虫、あるいはそういう機能を持ったロボットとして扱う。用事がすめば一刻も早く離れる。

「自分の価値観以外は認めない人」というと、いかにも偏屈で頑固な「少数派」という感じだが、そうとは限らない。自分から見える狭~い世界での常識を、あたかも普遍的なもののように思い込み、それにそぐわぬ者を非難する輩も同じである。むしろ「多数派」を形成していることのほうが多いかもしれない。
「人殺しは悪だ」と決めつける輩。
自分が死にたくないからといって、他人も当然死にたくないだろうと勝手に思い込んでいる連中。

そう思い込んで、それを実行しているのならまだいい。そういうやつらとはさわやかに対決して打ち倒せばいい。負けたら仕方ない。より強い意志で多くの努力をしたのだから、自分を負かした相手はむしろ尊敬に値する。

そうではなく、自分は現実に立ち向かうことをせず、非難だけして隣人に同意を求め、それを肯定されないと「非常識な」と不快がる人々は、僕の中では虫である。別にけなしているのではない。「コミュニケーション不能」の例えである。単なる属性である。
[PR]
by takeyabubass | 2005-12-15 23:36 | 思想

祭り→考察・自画自賛

二日間にわたる祭がきのう、終わった。
日本酒を何杯も飲まされ、何がなにやら分からなくなっている状態でひたすら激しく獅子をまわす。神社では、くだんのごとく乱闘が起こる。
今年のキャプテンは腕っぷしの強いケンカ屋で、出陣のさいに
「俺らの獅子は暴れ獅子、ケンカ獅子や!!」と息巻いたので、若い連中は例年になく奮起した。

はっきり言って、獅子を舞わすのはかなりの重労働である。だから実は誰もやりたがらない。30歳をすぎた連中はみんな笛や太鼓に逃げて、獅子を持つのは若い連中である。そいつらの中でも、なすりあいがおこる。祭りの一日目は、朝から深夜の12時をすぎるまで村中の家で一曲ずつ獅子を舞わす。

過酷だからこそ、これから地域を盛り立てていく若者の人間性を試し、鍛える上では重要な儀式である。僕も、祭りをとおしてメンバーの人となりを、ある程度の深さでつかめた。辛抱強く獅子を舞わす者。少し休んだらすぐに替わってくれる者。あわよくば大変な役から逃げようとする者。しんどいのはみんな同じであるのに、さも自分だけが苦しいように喧伝する者。
笛に秀でた者。太鼓が上手な者。舞が垢抜けている者。何でもできる者。

僕が一番尊敬するのは、人の嫌がる役回りを文句を言わずにやり通す人である。月並みな言葉で言えば、縁の下の力持ちである。今回の祭りで獅子舞を任された若い連中の中で、誰が一番そうであったか。迷うことなく、自分だと言える。

僕は自分が、そういう人間であろうと意識している。まあそれは奉仕の精神とかそんなことではなく、共同体の中で自分が最も泰然としていられるのがこの立場というだけである。最終的には「自分のため」というところに行き着く。
だから人から認められなくても不満も出ない。当たり前である。自分にとって最適なポジションに自ら居座っているだけなのだから。だけど、ふとそれを褒められて涙が出そうになるときがある。口先だけでなく、同じ苦しみを味わった者から「お前はえらい、俺も見習いたい」と言われたときは、とても嬉しいものである。

要領が良いとは、うまく立ち回れることではない。自分が持てる力で、最大の仕事を生み出せるということである。真の要領とは、膨大な経験の上で初めて得られる。経験も浅いのに一見要領がいいのは、避けて通れない苦痛から逃げているだけである。そんな人間は、すぐに成長が止まる。未熟なうちは、全てに全力で打ち込まねばならぬ。不器用でも、こつこつと続けねばならぬ。バカにされても、やめてはならぬ。僕はそう思う。

それを貫徹している人間は、えてして目立たぬものである。やることが地味な上、喧伝にエネルギーを割かないから全くの凡夫である。凡夫に見えるというのではない。事実全くの凡夫である。しかしコミュニティに対する貢献度は、総合したらかなり高い。まわりにそんな人が大勢いたら、何をやるにもまとまりがあり、抜かりがなく、特定の人に過度に負担がかかることもなく、大きな成果が得られよう。それでいて一人ひとりが手柄を争うこともなく落ち着いている。
僕はそんな組織や人間をカッコイイと思うし、身の回りに、今の日本に、もっとそんな人がいてほしいとも思う。だからまず自分がそうあろうとしている。そして、そういう考えに共鳴しつつも踏み出す勇気がない人がいれば、僕の行動で感化して、彼らを立派な人間にしたいとも思う。
[PR]
by takeyabubass | 2005-11-24 22:33 | 思想

スッカラ

今、エネルギーは底を尽いている。寝たら、すぐに朝が来て、またぎっしりと詰まった一日が始まる。そのくり返しである。農業と家庭教師は削れないので、エネルギーが切れてきたら、ネット活動は犠牲にならざるを得ない。

イベントがやたら多い。ここ一週間で、「農林水産まつり」「小学生の農業体験」「消防団の合同訓練」があった。これらは昼間、農業をやる時間を削ってやるので、それ以外の日はいきおい毎日畑に行かねばならぬ。でないと作業がどんどん遅れてくる。
集金や配りものの仕事、提出すべき書類も溜まっている。これらは昼休みか、畑から返ってきて家庭教師に行くまでの間にやるしかない。だが実際はしんどくてなかなか出来るもんじゃない。でもやらねばならない。
夜は家庭教師と祭りの稽古で毎日完全に詰まっている。

好調時はこんな毎日が普通だったが、今は何だかお疲れモードである。放出期から吸収期への過渡期かも知れぬ。だから淡々と、押し寄せることどもを義務的にこなしている。そんな日々も好きである。くじけずこなし続けた義務も、いずれ実を結ぶことを知っているからだ。ここが人生のミソである。

好調時は、誰だってバリバリやれるものだ。しかし生きている時間の大半は、不調である。不調時にも一定の活動をこなせるようになれば、新しい天地が開ける。
[PR]
by takeyabubass | 2005-11-15 23:38 | 思想



架空の人物「竹やぶ」のブログです。書いてある出来事はフィクションです。論や思想も、架空の前提をもとに展開されているため「筆者の意見」という訳ではありません。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク

LetMeBeThe犬!(レット・ミー・ビー・ジ・ワン!)
松本リューのブログです。6年来の友人です。繊細な感覚と親しみやすい文体で、音楽評論や黄昏流星群をつづっています。

私たちの地域研究所
んまさんのブログです。農機具の部品を作っておられます。冷徹な考察と、実地でのたゆまぬ努力に基づく地域政策は、まさに圧巻です。

喫茶ゴリラ
幼なじみのご両親が営む、喫茶店のHPです。マスターと話していると、いい考えが浮かびます。近い将来、僕の音楽活動の拠点にできたらなあ。

晴漕雨読
友人、かまたにさんのブログです。仕事、読書、ネット、自転車と、非常にコントロールされた生活が伺えます。あくなきストイシズム。

ぷは  ジコチュ日記
後輩、ホトリさんのブログです。現役女子大生の苦悩と諦観がにじみ出ています。痛かわいい。

駄目ぱんだ日記
ペン裏ソフト、ドライブ攻撃型のmisutinさんが兄妹で管理するブログ。内容は、アニメやゲームの批評など。辛口です。

N-style
愛媛のアカペラバンド、 ながはまーずのHPです。今は活動していませんが、再結成の可能性は高いです。

ヤブログ別館
竹やぶの写真館です。

竹やぶの里
竹やぶのホームページです。ここから筆者にメールできます。リアルな筆者への問い合わせは、こちらからお願いします。
以前の記事
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
alberta weat..
from alberta weathe..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
ben harper l..
from ben harper lyr..
the war and ..
from the war and pe..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧