ヤブログ本館

大本営発表(長すぎ)

教え子Bが、第一志望校に合格しました。バンザイ!

というわけで、今日の午後は自分に対するご褒美休みです。まあ雨だし。選別・出荷も午前で片付いたし。休む言い訳はいくらでも作れる。「怠惰正当化力」には自信がある。大学4年間に磨き上げた、数少ない能力の一つである。

いいねえ、改めて自信ついたよ、家庭教師。10月上旬に頼まれたときは、模試の点数が170点だった。志望校のボーダーは250点と言われていた。正味5ヶ月で、単純に考えて、5教科で80点も上げねばならなかった。

定期テストの点を上げるのは、はっきり言って簡単である。科目を限定すればなおさらだ。単元ごとに出る問題はだいたい見当がつくし、範囲が狭いので、しらみつぶし戦法も容易である。しかし模試の点数というのは、本当になかなか上がらないものだ。
単純に模試の数学を10点上げようと思ったら、3年間、計15回の定期テストを全て10点ずつ上げねばならんということだ。いや、入試は定期テストより難しいのでそれ以上だ。

生徒の得意科目は国語・社会であった。英語もはじめは得意だったが、いつしか下がっていた。理科は2分野はある程度できるが、1分野はからっきし。数学は徹頭徹尾、大の苦手であった。

170点のだいたいの内訳は、
国語55 社会40 英語30 理科25 数学20 であった。
僕はこういう計画を立てた。
「国語は4ヶ月ではどうにもならんだろう。」
「暗記・読解は苦手ではないので、社会、英語、理科は努力次第で伸びる余地が大きい。」
「数学は、難問を無視し、各単元の基礎を完璧にして計算ミスをなくすだけでかなり伸びる」

点数にすれば、
国語55→55   社会40→60   英語30→60 
理科25→45   数学20→40   合計170→260
という計画である。書くのはとても簡単である。

4ヶ月間がんばった結果、模試の合計点は次のように変遷した。
10月 170点  
 1月 220点  
 2月 260点
 3月 合格。点数は不明。

すげえ。なんて分かりやすいんだ。うなぎ登りたあこのことよ。

国語は一切やらず、彼に任せた。
数学は、計算ミスをなくすため、また計算から逃げようとする気持ちを撲滅するため、毎日少しずつやらせることにした。
英語は「文法の理解」→「長文読解」という二段階で行くことにした。長文を読むためには、文法の理解は必須である。しかしひととおり勉強するだけで身につく代物ではない。だから読解に入っても、間違えたつど文法にもどって、何度でも覚えなおせばいい。
理科は暗記と計算が8:2くらいである。暗記はできるだけ直前にやるほうがいいと思ったので、12月ころに、計算の多い1分野から開始した。
社会はさらに暗記が多いので、一月中旬にはじめた。

具体的な手順を書く。
まず極うすの、超簡単な英語と数学の問題集を与えた。それをつかって、10月・11月は数学と英文法ばかりをやった。数学は四則演算の優先順位や通分から教えねばならず、初めはかなり苦労した。しかし毎日やっていると計算の基本は飲み込めてきて、ミスも減ってきた。数学はそのまま2月中旬までかかってて全単元がおわった。
英文法は数学に比べると飲み込みが早く、12月いっぱいで終わった。年が明けてからは、ひたすら長文を読ませた。長文だけの問題集を1冊与えて、宿題としてやらせた。解説は授業時間を少し割くだけだったので、時間が空いた。予定通り、理科をはじめた。理科も極うすの問題集と教科書を使って、二月中旬までかけて全範囲を終えた。

1月から、週2→週3に変更した。増えた時間で社会を開始した。
地理は、センスがいる。覚えた問題がそのまま出ることは少ないので、あんまり躍起になって覚えても仕方ないと思い、手始めにさらりとやった。歴史は、地理よりは厳密に暗記させた。出来事だけでなく、誰が力を持ち始め、誰が力を失い、それによって何が起こったかを物語風に聞かせた後、細かい事項の暗記に入った。
もっとも力を入れたのは公民である。わが県の過去数年間の出題傾向は、地理:歴史:公民が1:1:2であった。また公民は努力だけで点が取れる科目である。教科書や資料のとおりの条文や図を暗記すれば点数になる。2月中旬以降、かなり力を入れて公民を徹底的に詰め込んだ。

ようやく4科目の全範囲を一通り終えたのは、2月の終わりだった。入試は3月14日である。
最後の10日ほどは、ほぼ毎日、4時間ずつやった。内容は、「入試の演習問題」である。

「ああ、あと1ヶ月あれば・・・」と心中嘆きつつもがんばった。がんばったというのは、生徒がである。僕はといえば、彼が演習問題を解いている間はとことん暇であったので、持参した本を読んだり、教科の参考書を見たり、生徒の部屋のマンガをこっそり見たりしていた。


まとめ

家庭教師の仕事は、「①生徒の勉強への動機付け」、「②カリキュラムの立案」、「③学習の監督」、「④解説」である。

①は人間力、とでも言おうか。分析するのは難しい。演技力、人生経験、魅力、心理学の知識などが必要だ。僕が比較的得意とするのはここである。

②は生徒の学力を見極める力、問題集のよしあしを見極める力、地域の受験事情、出題傾向などを知る必要がある。今の僕には不足しているが、経験とともに自然についてくる気がする。

③は誰でもできる。ただいればいいのだから。しかし、「監督がいる」というだけで普段しない勉強をやるのも事実なので、その存在は無視できない。

④には各教科に関する知識と、それを生徒が分かるように説明する言語能力が必要である。これは経験もさることながら、意識的な努力を最も必要とする。今の僕にもっとも足りない部分である。今回はこれを時間数でカバーした。しかし自分の肉体を効率的に稼動しようとすれば、それだけでは限界がある。また生徒のほうも、いくらでも時間がある訳ではないし、中にはすぐに集中力の切れてしまう子もいるだろう。家庭教師としての生産性を上げるためには、ここにかける努力を惜しんではならない。精進するよ。

ともあれ、受かってよかった。
営業面でも、かなり有利な実績ではある。受かってくれてありがとう、と生徒に言いたい。よっしゃー!!これからもがんばろう。
[PR]
by takeyabubass | 2006-03-22 15:09 | 仕事
<< ことばあそび 正しくないほうがおもしろい >>



架空の人物「竹やぶ」のブログです。書いてある出来事はフィクションです。論や思想も、架空の前提をもとに展開されているため「筆者の意見」という訳ではありません。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク

LetMeBeThe犬!(レット・ミー・ビー・ジ・ワン!)
松本リューのブログです。6年来の友人です。繊細な感覚と親しみやすい文体で、音楽評論や黄昏流星群をつづっています。

私たちの地域研究所
んまさんのブログです。農機具の部品を作っておられます。冷徹な考察と、実地でのたゆまぬ努力に基づく地域政策は、まさに圧巻です。

喫茶ゴリラ
幼なじみのご両親が営む、喫茶店のHPです。マスターと話していると、いい考えが浮かびます。近い将来、僕の音楽活動の拠点にできたらなあ。

晴漕雨読
友人、かまたにさんのブログです。仕事、読書、ネット、自転車と、非常にコントロールされた生活が伺えます。あくなきストイシズム。

ぷは  ジコチュ日記
後輩、ホトリさんのブログです。現役女子大生の苦悩と諦観がにじみ出ています。痛かわいい。

駄目ぱんだ日記
ペン裏ソフト、ドライブ攻撃型のmisutinさんが兄妹で管理するブログ。内容は、アニメやゲームの批評など。辛口です。

N-style
愛媛のアカペラバンド、 ながはまーずのHPです。今は活動していませんが、再結成の可能性は高いです。

ヤブログ別館
竹やぶの写真館です。

竹やぶの里
竹やぶのホームページです。ここから筆者にメールできます。リアルな筆者への問い合わせは、こちらからお願いします。
以前の記事
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
alberta weat..
from alberta weathe..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
ben harper l..
from ben harper lyr..
the war and ..
from the war and pe..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧