ヤブログ本館

さいら:サンマ。

最近、三宝採りが楽しくて仕方ない。

三宝とは、紀州特産のかんきつ類で、ふつもとがでっぱっていて、山吹色をしている。さわやかな甘酸っぱさと香りのよさが特徴である。

しかし生食用としての人気は長らく低迷しており、僕もほとんどを加工用として出荷している。加工品の1つに、中身をくりぬいて外果皮を容器とし、その中にゼリーを流し込んだものがある。今はもっぱら、それ用の三宝を採っている。

以前も紹介したが、この作業がハンパでなく難しい。
まず、三宝の木は軒並み大きいので常に木に登っての作業である。しかも木には、長く鋭いトゲがある。ある程度刺さるのは避けられない。

次に、果実の規格がとても厳しい。
まず果実には、1つたりとも傷があってはならない。
大きさは横径83から87㎜で、4㎜の誤差しか認められない。数十年携わっているものでも目でこれを見極めることはできない。なので83㎜と87㎜の、二つの穴が開いたプラスチック板を常に持ち、成っている果実一つ一つにあてがいながらとる。大きいほうの穴で抜け、小さいほうでひっかかるものだけを採る。
さらに、枝が3センチ以上まっすぐついていて、その3センチ以内に無傷の葉っぱがついていなくてはならない。ふつもとのでっぱりもないといけない。
縦の長さは、枝の3センチを含めて10.7cm以内でなければならない。

これらの条件を1つでも満たしていなければ、その果実は捨てられてお金にならない。実際出荷した量の3分の1くらいしか通らなかった人もいる。一本の木に登って条件に合うものを採りつくしても、全体の1~3割くらいしか採れないのが普通である。
去年は大変な思いをして、それでも800kの三宝を出荷した。努力の甲斐あって、規格を満たした率は常に90%以上だった。

今も温州みかんと平行して、それを採っている。重労働なので、前CEOはもうやりたがらず、僕一人でやっている。去年は半日がんばって、50㎏が関の山だった。
最近上達してきて、70~80㎏はとれるようになった。大きな木なので、中には採りにくい枝もある。しかし三宝の木は丈夫さにかけては他に類を見ないので、たわむ枝先に身を乗り出して無理やり取る。あきらめずに全部採る。でないとすぐに採るのがなくなる。

一人で三宝を採っているときは無心である。どんなに寒かろうと、雪が降ろうと、木に登っていれば暖かい。雪雲は黄色くつめたく、横向きの日差しを受けて立体的である。吐く息は白い。寒さに耐え切れぬ弱ったカメムシが、時おり葉の間からポトリと落ちる。もう悪臭を放つ気力もないらしい。

僕は一人、樹上で生命を謳歌する。さっき食った飯が、さいらが、運動エネルギーとなって虚空に散逸している。無秩序に実った果実から、同じようなものだけが選び取られ、かごに入っていく。収穫後のコンテナには、見事に揃った三宝が並んでいる。

さいらのエントロピーが下がり、三宝のエントロピーが上がる。僕の命は、さいらに含まれるタンパク質を構成する炭素原子の結合エネルギーが三宝を並べるにあたって、その仲介をしている。さいらは植物プランクトンと竹やぶの間にいる。植物プランクトンは太陽とさいらの間にいる。つまるところ太陽が、三宝を美しく並べてゐる。ただそれだけである。なんて楽しいんだ。なんて虚しいんだ。
[PR]
by takeyabubass | 2005-12-22 23:48 | 仕事
<< 暮れも押し詰まって・・・ 喧伝の類 >>



架空の人物「竹やぶ」のブログです。書いてある出来事はフィクションです。論や思想も、架空の前提をもとに展開されているため「筆者の意見」という訳ではありません。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク

LetMeBeThe犬!(レット・ミー・ビー・ジ・ワン!)
松本リューのブログです。6年来の友人です。繊細な感覚と親しみやすい文体で、音楽評論や黄昏流星群をつづっています。

私たちの地域研究所
んまさんのブログです。農機具の部品を作っておられます。冷徹な考察と、実地でのたゆまぬ努力に基づく地域政策は、まさに圧巻です。

喫茶ゴリラ
幼なじみのご両親が営む、喫茶店のHPです。マスターと話していると、いい考えが浮かびます。近い将来、僕の音楽活動の拠点にできたらなあ。

晴漕雨読
友人、かまたにさんのブログです。仕事、読書、ネット、自転車と、非常にコントロールされた生活が伺えます。あくなきストイシズム。

ぷは  ジコチュ日記
後輩、ホトリさんのブログです。現役女子大生の苦悩と諦観がにじみ出ています。痛かわいい。

駄目ぱんだ日記
ペン裏ソフト、ドライブ攻撃型のmisutinさんが兄妹で管理するブログ。内容は、アニメやゲームの批評など。辛口です。

N-style
愛媛のアカペラバンド、 ながはまーずのHPです。今は活動していませんが、再結成の可能性は高いです。

ヤブログ別館
竹やぶの写真館です。

竹やぶの里
竹やぶのホームページです。ここから筆者にメールできます。リアルな筆者への問い合わせは、こちらからお願いします。
以前の記事
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
alberta weat..
from alberta weathe..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
ben harper l..
from ben harper lyr..
the war and ..
from the war and pe..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧